要注意!危険なアプリはこんなところに

危険なアプリが潜む場所

自分の欲しいアプリを探すときに、アプリストアなど公式サイト以外で探すこともあるかと思います。
また、用途が特殊なアプリの場合は、開発した個人が善意でインターネットなどに無料で配信している場合もあります。
このように、インターネット上にも無料でインストールできるアプリがありますが、その中には悪質なアプリが混ざっていることもあります。
無料でインストールや利用ができるアプリというのは確かに魅力的ではありますが、同時に悪意のあるアプリを作る側が仕込みやすい環境でもあるといえます。
危険なアプリをインストールしないようにする予防策としても、悪質なアプリが潜みやすいのはどこなのかという意識も忘れないようにしておきましょう。

悪質なアプリが勝手に入り込む可能性も

悪質なアプリをインストールしないように気をつけていても、インターネット上のサイトへのアクセスなど、インストールとは直接的に関係ない動作中に、勝手にインストールされてしまう場合もあります。
例えば、ホームページを作成した人が、サイト上のコンテンツをクリックしたときに悪質なアプリが自動的にインストールされるように作動する仕掛けを施していたり、アプリのインストール場面だけに気をつけていても対処しきれないこともあります。
こういったことに遭遇しないためにも、怪しげなサイトなどに極力アクセスしないということも、悪質なアプリから身を守るための手段となります。
スマホを使う際に、インターネットを利用しない人はほとんどいないかと思います。
危険なアプリと接触しないように、でき得る限りのことはしておきましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る